基本操作について

「Amazon EC2」セットアップ直後に必要なこと

「Amazon EC2」のサービスはすべて Web API 経由での操作となるため、API を実行できる ツールが必要です。まずはAmazonが公式に提供しているコマンドラインツール「Amazon EC2 API Tools」を入手し、操作に慣れていきましょう。ツールは、AWS の developer ペ ージからダウンロードできます。

「Amazon EC2 API Tools」をダウンロードしたら、解凍して適当な場所に配置してください。 ツールの実行には Java ランタイムが必要です。Java ランタイムがローカルマシンにイン ストールされていない場合は、Java の Web ページから入手しインストールしてください。 ツールの解凍方法や Java ランタイムのインストール方法については、ここでは割愛させて いただきます。

配置ができたら、次は環境変数の設定です。Linux 環境の場合は、下記の要領で環境変数の セット、および PATH を通しましょう。 Windows を使用している場合も、同様の変数名で 設定を行ってください。

export JAVA_HOME=/usr/local/java
eport EC2_HOME=/usr/local/ec2-api-tools
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:$EC2_HOME/bin
export EC2_PRIVATE_KEY=/home/hoge/pk-xxx.pem
export EC2_CERT=/home/hoge/cert-xxx.pem

環境変数の設定が終わったら、ec2ver コマンドで動作するか確かめます。

$ ec2ver
1.3-26369 2008-08-08

動作が確認できたら、EC2のインスタンスである「仮想サーバ」を操作してみましょう Amazon EC2 で利用する仮想 OS イメージは、「Amazon Machine Image(AMI)」と呼ばれ ています。AMI には、Amazon が提供している OS イメージもあれば、一般ユーザーが作成 した環境を公開している OS イメージもあります。公開されているすべての OS イメージは、 以下のコマンドを実行することで参照できます。

$ ec2-describe-images -x all

例えば「Fedora 8」は次のように表示されます。

IMAGE ami-2b5fba42 ec2-public-images/fedora-8.xml amazon available

上記の「ami-2b5fba42」が AMI の ID ですのでメモしておきましょう。


PRサイト