実践的に使ってみよう!

OSイメージを保存するには?

「Amazon EC2」ではインスタンスを停止することで、ディスクにそれまで保存した内容が 失われてしまいます。

これはずっと起動したままであれば大きな問題とはならないのですが、、開発やテスト用 途として利用し一時的な起動・停止を繰り返す場合や、起動したままの状態を想定しなが らも、何らかの要因で一時的に停止しなければならない場合には問題になります。

そこで「Amazon EC2」では、インスタンスを停止する際にディスク内容をOSイメージと して取得し、同じくAmazonが提供するストレージサービス「Amazon S3」に保管する方法を サポートしています。「Amazon EC2」では、このOSイメージを「AMI(Amazon Machine Image)」と呼びます。

この方法を使えば、一度停止・保存したインスタンスを再度起動する際、停止直前に取得 したAMIを「Amazon S3」からロードすることで、ディスクの内容を復元できます。

なおAMIの実体はファイルのため、取得したAMI自体は「Amazon EC2」から「Amazon S3」へ 転送され、保存されることになります。「Amazon S3」や「Amazon EC2」は転送量に応じて 課金されるので、読者の皆さまは料金が大変なことになるのではないかと心配になるかと 思いますが、「Amazon EC2」⇔「Amazon S3」間の転送量は課金対象外となっているため、 安心して使うことができます。


PRサイト

在宅 仕事
http://www.craudia.com/
主婦にもおススメ!簡単なライティングのお仕事その他。
ダイビング
http://www.aqros.co.jp/
自分にあった器材が見つかるダイビングショップ
電力比較
http://enechoice.jp/
電力の自由化で選択の幅が広がる!失敗しない電力会社選びならエネチョイス。